ステキなカーテンと素敵な生活を。カーテンStyle

カーテンStyle

カーテンのあれこれ カーテンの機能 カーテン布地の素材 カーテン布地の性能 カーテンのお手入れ方法 オーダーカーテンとは

 
■お洒落カーテン
 
■色で遊ぼう

オーダーカーテン

・モダン
・クラシック
・カラーレース
・和風モダン
・スーパーミラーレース
・カジュアル&ナチュラル
・高級刺繍レース
・シンプルレース

・遮光
・防音
・UVカットミラーレース
・蓄光カーテン

窓を覆うカーテン。カーテンの機能と言えば、外部からの目隠しや日光の遮断が思い浮かびますよね。でも、それだけではないのです。「断熱効果」「防音効果」「省エネ効果」なども重要な役割をしてくれているのです。賢いカーテン選びのポイントは、「生地の素材の特性を知ること」+「生地の厚みと重さを確かめること」です。太い糸で密度を詰めて、しっかりと織られたカーテンの方が断熱性に優れています。夏は外からの熱気を防ぎ、冬は内部の温かさを保ので、省エネになります。また、重いカーテンは繊維を多く使用しているので、外の音をさえぎり、室内の大きな音を外に漏れにくくします。寝室や、リビングなど、生活の中心となる部屋には、薄い仕上げのものより、ドレープのたっぷり入った厚手の生地のものを選ぶといいです。ドレープが多いと、谷間に空気を溜めるので断熱効果が高まります。明るすぎない柔らかな光が、気分を落ち着かせてくれます。




カーテン布地の素材

天然繊維

種類
特徴

綿

丈夫で価格が安く、染色性も良いのですが、時間が経つと黄変し長時間太陽光に曝すと生地が弱くなります。プリントカーテン地としてよく用いられます。

丈夫で腰が強く、シャリシャリとした感触がありますが、シワがよりやすく縮みやすい性質があります。しかし、太陽光には強く、ケースメントとしてよく用いられます。

光沢があって美しく、上品な風合いがあります。染色性もよいが、虫害に弱く、太陽光にも極めて弱い性質があります。カーテン地としてほとんどよういられません。

毛(ウール)

柔らかな風合いがあり、保温性、通気性に優れています。太陽光にも比較的強いのですが、虫がつきやすいといえます。縮みますから、あらかじめ薬品で縮めたものを用いたり、ドライクリーニングをします。


合成繊維

種類
特徴
レーヨン

価格が安く、光沢があり、染色色も良く加工も容易で、ドレープ性も良いのですが、シワがよりやすいのが欠点です。ドレープカーテン地として多く用いられています。耐久性はあまりなく、洗濯もドライクリーニングに限られます。

キュプラ

シワになりにくく、光沢も美しく、手触りもよいので高級ドレープ地として用いられます。

アクリル

ウールのように柔らかい感触があり、軽くて保温性もあります。シワになりにくく、染色性も鮮やかで太陽光にも強いので、カ-テン素材としても多く用いられていますが、毛羽立ちやすく熱に弱い事が難点です。

ポリエステル

摩擦に強く、シワになりにくいうえ、熱にも強いためレースカーテンの素材として多く用いられています。帯電しやすく汚れやすいのですが、水洗いできるので楽です。

アセテート

軽く光沢に優れていますが、熱や摩擦に弱いためカーテン地としてはあまり用いられなくなっています。

ポリクラ-ル

難燃繊維で高熱に強く、太陽光にも強いので、ドレープカーテン地やプリントカーテン地として多く用いられます。特性はアクリルに似ています。

ガラス繊維

不燃繊維で伸び縮みが少なく、熱や薬品、太陽光にも強く絶縁性もあります。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2016/7/11

Copyright:(c)2008 カーテンStyle. All rights reserved.