ステキなカーテンと素敵な生活を。カーテンStyle

カーテンStyle

カーテンのあれこれ カーテンの機能 カーテン布地の素材 カーテン布地の性能 カーテンのお手入れ方法 オーダーカーテンとは

 
■お洒落カーテン
 
■色で遊ぼう

オーダーカーテン

・モダン
・クラシック
・カラーレース
・和風モダン
・スーパーミラーレース
・カジュアル&ナチュラル
・高級刺繍レース
・シンプルレース

・遮光
・防音
・UVカットミラーレース
・蓄光カーテン

窓を覆うカーテン。カーテンの機能と言えば、外部からの目隠しや日光の遮断が思い浮かびますよね。でも、それだけではないのです。「断熱効果」「防音効果」「省エネ効果」なども重要な役割をしてくれているのです。賢いカーテン選びのポイントは、「生地の素材の特性を知ること」+「生地の厚みと重さを確かめること」です。太い糸で密度を詰めて、しっかりと織られたカーテンの方が断熱性に優れています。夏は外からの熱気を防ぎ、冬は内部の温かさを保ので、省エネになります。また、重いカーテンは繊維を多く使用しているので、外の音をさえぎり、室内の大きな音を外に漏れにくくします。寝室や、リビングなど、生活の中心となる部屋には、薄い仕上げのものより、ドレープのたっぷり入った厚手の生地のものを選ぶといいです。ドレープが多いと、谷間に空気を溜めるので断熱効果が高まります。明るすぎない柔らかな光が、気分を落ち着かせてくれます。





カーテンの機能

カーテンというと、装飾的な働きについ目が行きがちでインテリアにとって、そうした働きもとても大切なものですが、カーテンは基本的な素晴らしい機能を持っています。

 

目隠し(遮蔽)機能

住宅の開口部、特に窓には採光のために透明ガラスがよく用いられますが、透明ガラスですと外光を室内に採り入れられる反面、外からの視線を遮る事が必要になります。そういった場合にカーテンをつける事で、手軽に外部からの視線を遮る事ができます。

調光機能

外からの光を完全にではなく、一定の程度に抑えたい場合があります。そうした場合には、カーテンの中でもレースのものを用いれば、ある程度緩和された外光の採り入れと室内からの眺望が可能になります。

保温機能

厚手の、特にギャザー(ヒダ)の多いカーテンには、ある程度の断熱効果があります。冬の寒さに対しては、窓ガラスに接してカーテンを吊る事で、かなりの保温効果を発揮します。カーテンのこの効果を、強く発揮させるようにしたものが、断熱カーテンなんです。

防音効果

保温効果と同じように、厚手のカーテンにはある程度の防音効果もあります。これには、室内の音に対して、それをある程度吸収する吸収効果と室外の音を遮る遮音効果とがあります。この機能を強化したのが遮音カーテンなんです。

間仕切り機能

最近では、間仕切り用として、アコ-デオンや、ロールスクリーンのような便利なものもありますが、カーテンも、手軽な間仕切り機能を持つものとして使う事ができます。

Copyright:(c)2008 カーテンStyle. All rights reserved.