ステキなカーテンと素敵な生活を。カーテンStyle

カーテンStyle

カーテンのあれこれ カーテンの機能 カーテン布地の素材 カーテン布地の性能 カーテンのお手入れ方法 オーダーカーテンとは

 
■お洒落カーテン
 
■色で遊ぼう

オーダーカーテン

・モダン
・クラシック
・カラーレース
・和風モダン
・スーパーミラーレース
・カジュアル&ナチュラル
・高級刺繍レース
・シンプルレース

・遮光
・防音
・UVカットミラーレース
・蓄光カーテン

窓を覆うカーテン。カーテンの機能と言えば、外部からの目隠しや日光の遮断が思い浮かびますよね。でも、それだけではないのです。「断熱効果」「防音効果」「省エネ効果」なども重要な役割をしてくれているのです。賢いカーテン選びのポイントは、「生地の素材の特性を知ること」+「生地の厚みと重さを確かめること」です。太い糸で密度を詰めて、しっかりと織られたカーテンの方が断熱性に優れています。夏は外からの熱気を防ぎ、冬は内部の温かさを保ので、省エネになります。また、重いカーテンは繊維を多く使用しているので、外の音をさえぎり、室内の大きな音を外に漏れにくくします。寝室や、リビングなど、生活の中心となる部屋には、薄い仕上げのものより、ドレープのたっぷり入った厚手の生地のものを選ぶといいです。ドレープが多いと、谷間に空気を溜めるので断熱効果が高まります。明るすぎない柔らかな光が、気分を落ち着かせてくれます。





カフェカーテン

カフェカーテンとは、窓の途中などに、目隠しの高さに取り付ける。ギャザーが寄せられた短い丈のカーテンのことです。主につっぱり式のポールに通して取り付けられることが多いです。カフェテリアでよく使われていたことから、この名前がついたようです。日本で見かけるカフェカーテンは、窓の上部につける「バランス」タイプ、下部につける「ティアーズ」タイプの2種類がありますが、最近は、この2つがセットになっているものもあります。通常、カフェカーテンというと「ティアーズ」に相当します。この「ティアーズ」の主流は、1枚のカーテンが棒に通されたものですが、2枚組になったものもあり、真ん中で分かれるように作られています。単純な目隠しだけでなく、まわりのインテリアにフィットするようなカフェカーテンを選びたいものです。

手軽につけられるカフェカーテンの勧め

カフェカーテンには、面倒な折り返しなどはほとんど必要ありません。つっぱり棒とそれを支える壁、そして、布地があれば、誰でも取り付けができます。
刺繍入りのエレガンスなレースのカフェカーテンやかわいらしいチェックのカフェカーテンなどを購入するのもよいですが、自分の好きな柄や素材を選んで、手作りを楽しむのも一例です。小窓につけたり、キッチンの窓につけたり、または棚の目隠しにしてもいいでしょう。窓の上下で2枚組と1枚組を組み合わせてみてもいいかもしれません。
それでは、のれんと変わらないという声も聞こえてきそうですが、実際の窓の倍の生地を使用し、なるべくギャザーを寄せるようにしましょう。このようにかわいらしく仕上がる方法を研究しながら、自分だけのとっておきの一枚を作りたいものです。

 

カフェカーテンは換気作用も!

窓をおしゃれに飾ったところで満足してはいけません。そこで気を配りたいのが部屋の換気です。換気には、部屋を冷やす、風通しをよくする、においを取り除くなどがあります。これを怠るとダニやカビが発生したり、アレルギーの原因にもなってしまいます。こまめに換気をしながら、見えるところのおしゃれと見えないところのおしゃれの工夫を心がけましょう。風通しの良いところにカフェカーテンを取り付けると、風に揺れるのを楽しむと同時に、部屋の中の汚れもためずにすみます。特にカフェカーテンは洗濯が簡単なので、一石二鳥ですね。

Copyright:(c)2008 カーテンStyle. All rights reserved.