ステキなカーテンと素敵な生活を。カーテンStyle

カーテンStyle

カーテンのあれこれ カーテンの機能 カーテン布地の素材 カーテン布地の性能 カーテンのお手入れ方法 オーダーカーテンとは

 
■お洒落カーテン
 
■色で遊ぼう

オーダーカーテン

・モダン
・クラシック
・カラーレース
・和風モダン
・スーパーミラーレース
・カジュアル&ナチュラル
・高級刺繍レース
・シンプルレース

・遮光
・防音
・UVカットミラーレース
・蓄光カーテン

窓を覆うカーテン。カーテンの機能と言えば、外部からの目隠しや日光の遮断が思い浮かびますよね。でも、それだけではないのです。「断熱効果」「防音効果」「省エネ効果」なども重要な役割をしてくれているのです。賢いカーテン選びのポイントは、「生地の素材の特性を知ること」+「生地の厚みと重さを確かめること」です。太い糸で密度を詰めて、しっかりと織られたカーテンの方が断熱性に優れています。夏は外からの熱気を防ぎ、冬は内部の温かさを保ので、省エネになります。また、重いカーテンは繊維を多く使用しているので、外の音をさえぎり、室内の大きな音を外に漏れにくくします。寝室や、リビングなど、生活の中心となる部屋には、薄い仕上げのものより、ドレープのたっぷり入った厚手の生地のものを選ぶといいです。ドレープが多いと、谷間に空気を溜めるので断熱効果が高まります。明るすぎない柔らかな光が、気分を落ち着かせてくれます。


室内のかなり広い部分を占めるものですから、インテリアにとって重要な要素となります。
またカーテンは、装飾性と機能性の両方を兼ね備えたものですから、この二つの働きをバランスよく発揮させることが大切です。 部屋を更にオシャレに見せたいならソファベッド揃えるのも重要です。


カフェカーテンとは、窓の途中などに、目隠しの高さに取り付けるギャザーが寄せられた短い丈のカーテンのことです。主につっぱり式のポールに通して取り付けられることが多いです。喫茶店や飲食店のウインドに目線を遮るように使われたのが名称の始まりです。窓の上部につける「バランス」タイプ、下部につける「ティアーズ」タイプの2種類がありますが、最近は、この2つがセットになっているものもあります。外の通路から覗かれてしまうような時や室内から見たくないものが見えてしまうような時につけるといいですね。現在は、一般住宅のキッチン窓や玄関窓、廊下カフェカーテンの魅力の小窓などに使われることが多くなっています。

カーテンの歴史

「カーテン」を知らない人は、現在の社会においてほとんどいないと思います。では、「カーテン」とは一体いつの頃からあるのでしょうか?…カーテンの起源を求めて時代をさかのぼってみると、先史時代の洞窟での生活の中で入り口に吊り下げられていた布や、獣皮も「カーテン」のひとつだと考えられます。その後、いわゆるお姫様ベッドで装飾されている「コルテーヌ」(ベッドの廻りを覆って、プライバシーを守り、寒さを防ぎ、安息の場を作っていた布)が17世紀に入ると登場します。この「コルテーヌ」が窓にかけられるようになって、17世紀の後半には、ほぼ現在のような型のカーテンが作られたといわれています。
日本にカーテンが導入されたのは、長崎の出島に外国公館ができた寛永18年の頃からでしょうか?しかし、日本古来の生活様式の中では、襖、障子、衝立、屏風、すだれなどによって保湿、装飾、防音などの役目が果たされていたためカーテンの普及にまでは及ばなかったと考えられます。
ところが、明治に入り、日本の近代化が訪れると、上流社会における洋風化が急速に浸透し、カーテンの需要が見られ始め、時代の移り変わりと共に発展し、現代生活の中では、欠かすことのできない必需品へとなっていきました。

注目サイト

2018/4/27 更新

Copyright:(c)2008 カーテンStyle. All rights reserved.