ステキなカーテンと素敵な生活を。カーテンStyle

カーテンStyle

カーテンのあれこれ カーテンの機能 カーテン布地の素材 カーテン布地の性能 カーテンのお手入れ方法 オーダーカーテンとは

 
■お洒落カーテン
 
■色で遊ぼう

オーダーカーテン

・モダン
・クラシック
・カラーレース
・和風モダン
・スーパーミラーレース
・カジュアル&ナチュラル
・高級刺繍レース
・シンプルレース

・遮光
・防音
・UVカットミラーレース
・蓄光カーテン

窓を覆うカーテン。カーテンの機能と言えば、外部からの目隠しや日光の遮断が思い浮かびますよね。でも、それだけではないのです。「断熱効果」「防音効果」「省エネ効果」なども重要な役割をしてくれているのです。賢いカーテン選びのポイントは、「生地の素材の特性を知ること」+「生地の厚みと重さを確かめること」です。太い糸で密度を詰めて、しっかりと織られたカーテンの方が断熱性に優れています。夏は外からの熱気を防ぎ、冬は内部の温かさを保ので、省エネになります。また、重いカーテンは繊維を多く使用しているので、外の音をさえぎり、室内の大きな音を外に漏れにくくします。寝室や、リビングなど、生活の中心となる部屋には、薄い仕上げのものより、ドレープのたっぷり入った厚手の生地のものを選ぶといいです。ドレープが多いと、谷間に空気を溜めるので断熱効果が高まります。明るすぎない柔らかな光が、気分を落ち着かせてくれます。





カーテンのお手入れ

洗い方

1、ご家庭の洗濯機で洗う場合(ウォッシャブル表示のあるカーテン)

・一度に洗うのは1〜2枚まで。ネットに入れると型くずれを防ぐ事ができます。
・水量は「最大」、水流は「弱」に設定し、40℃以下のぬるま湯か水で洗ってください。
・洗剤は普段お使いになっている洗剤か、デリケートな衣類用の中性洗剤をご使用ください。
・すすぎの際、柔軟剤を入れると風合いがよくなります。

2,手洗い・つけ置き洗いをする場合

・30℃以下のぬるま湯か水で優しく押し洗いをしてください。(もみ洗いはシワのもとになります。)その他は洗濯機洗いと同じです。
・汚れがひどいカーテンについては「つけ置き洗い」をおすすめします。
・水温は30℃〜40℃程度で、30分〜1時間程度つけた後、洗濯機か手洗いで洗濯してください。

脱水・干し方

・脱水時間が長いとシワがとれにくくなりますので、ドレープで1分、レースなら30秒程度にとどめてください。
・ 窓まわりの拭き掃除を済ませておくと、洗ったばかりのカーテンに汚れが付くのを妨げます。
・ 元々掛けてあったレールに戻して吊り、軽くシワを伸ばすようにして形をととのえ、自然乾燥させてください。
・ 屋外に干す場合は日陰で乾かしてください。
・ 乾燥機は絶対に使用しないでください。

アイロン掛け

・ 必ず「取り扱い絵表示」で、アイロン掛けが可能かどうか、また適切な温度やあて布の有無を確認してください。
・ 繊維の素材による温度の目安

綿・麻

140〜200℃(中〜高温)

ポリエステル

140〜160℃(中温)

アクリル・アクリル系・ポリクラール・レーヨン

80〜120℃(低温)

 

漂白

必ず「取り扱い絵表示」で、塩素漂白可能かどうか確認してください。

注目サイト

最終更新日:2016/10/11

Copyright:(c)2008 カーテンStyle. All rights reserved.